株式会社営善|外壁改修・塗床・コンクリート防食

防食工事

下水道や汚水処理施設などでは、発生する硫化水素により構造物のコンクリートが腐食し、通常より急速に劣化が進んでしまいます。
その腐食を阻止するためにコンクリートの表面に塗膜を作って保護するのが防食工事です。
営善では早くからこの防食工事に取り組み、施工面積は全国でもトップクラスに入ります。

防食工事

  • 現場名: 新宮浄化センター濃縮汚泥貯留槽防食工事
    施工場所: 広島県呉市光町
    受注形態: 一次下請け
    施工内容: D2種防食工事 ジックボード工法
    施工規模: 約540㎡
  • 現場名: 茶屋町地内下水道管きょ更生工事
    施工場所: 岡山県倉敷市茶屋町
    受注形態: 一次下請け
    施工内容: D2種防食工事 ジックボード工法
    施工規模: マンホール2基 約50㎡
  • 現場名: 操山配水池築造工事
    施工場所: 岡山県岡山市中区平井
    受注形態: 一次下請け
    施工内容: エポキシ防水/防食 JWWA K-143(天井)
    FRP防水/防食 JWWA K-149(壁・床)
    施工規模: 約2000㎡
    備考: 上水道の配水池の防食工事です。水張り・水質試験も1回の検査で合格しました。